Caramel Cottage 便り

英国カントリーサイドでのコテージ生活を夢見ながら、 都内マンションの狭い専用庭でガーデニングの練習中です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ジェレミーのお墓

ヒキガエルのジェレミーを埋めた場所に、ヒキガエルのオーナメントを置きました。
英国製で、ライムストーンでできているそうです。
ジェレミー像

お墓の前には、新たにアネモネ・シルベストリスを植えました。
ジェレミーのお墓

このオーナメントを置いて、ようやく悲しみが少し癒えました。
これからもずっとジェレミーが見守ってくれていると思って、庭仕事頑張ります。


ウチの庭には他にもヒキガエル(の置物)がいます。
筑波のガマ親子

私が小学校5年生の時に遠足で行った筑波山で買ってきたガマの置物です。
かれこれ○十年以上の付き合いです(笑)。
ジェレミーに初遭遇するより前から庭に置いていました。
もしかするとこのコたちがジェレミーを呼んでくれたのかもしれません。
だとしたら、また別のヒキガエルが庭に住み着いてくれるかも?
そうなったとしても、ジェレミーがウチにとって特別なカエルであることにかわりはありません。

カエルさん、いらっしゃ~い♪
カエル交差点

このガーデンマーカーもずいぶん前に買った物です。
この季節は鯛釣り草の芽をガードするためのプランツマーカーとして使っています。

ちなみに、「ヒキガエル」は英語で「TOAD」です。

Rest in peace, Jeremy...


スポンサーサイト

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ヘレボルス・オリエンタリス | Caramel Cottage 便り | 桃の節句>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Caramel Cottage 便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。