Caramel Cottage 便り

英国カントリーサイドでのコテージ生活を夢見ながら、 都内マンションの狭い専用庭でガーデニングの練習中です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ISAC

大好きな人が亡くなりました。

坂西伊作さん。。。

私の天使。。。

blogDSC01238.jpg

昔、同じ会社に勤めていました。
公私共にとてもお世話になりました。

2年前、mixiで再会しました。
不義理な私を快くマイミクとして迎えてくれました。


たくさんの想い出が溢れ出して止まりません。。。


しばらくの間このブログもお休みさせていただきます。。。



スポンサーサイト
別窓 | その他
∧top | under∨

益虫

土曜日、ひとりで庭仕事をしてくれたダンナが、こんな写真を撮ってくれました^^

マーガレットの葉にいた、テントウムシの幼虫です。

blogDSC07963.jpg

ウチの庭、今年はテントウムシをたくさん見かけます♪
幼虫も成虫もアブラムシを食べてくれる益虫です。


もう一枚。
ベンチのアーチに産み付けられた卵から、カマキリが孵化しました^^

blogDSC07966.jpg

今はまだ小さくてアリンコみたいだけど、大きくなればチュウレンジバチも捕まえてくれる
頼もしい益虫です。


ひとつとても気になることが。。。

世界的にミツバチが減っている、という話を聞きますが、ウチの庭に来るマルハナバチも
今年は例年より明らかに数が減っています。
例年ならブルーベリーやヒメシャラの花に、怖いくらいの羽音をたてて数匹群がるのに、
今年は見かけても一度に一匹、見かける頻度も激減しています。

まさか去年スズメバチを見かけたことと関係があるのでは。。。(怖)



別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

主役交代

東京は今日もまた強風が吹き荒れました;;


アルファベット順にご紹介、最後の2種類です。

Mary Magdalene

blogDSC07761.jpg

英国はシュロップシャー州のデイヴィッド・オースチン・ローゼズ(ナーサリー)の近くにある
『聖メアリー・マグダレン教会』に因んで名付けられ、
この薔薇の売り上げの5%がその教会に寄付されるそうです。

blogDSC07760.jpg

アプリコット~ソフトピンクの花びらの付け根部分に黄色が入り、
香りたつような美しさを見せてくれるイングリッシュローズです♪
去年は肥料のやりすぎで?香りがイマイチだったんですけど、
今年は素晴らしいミルラ香を漂わせてくれました^^



Zephirine Drauhin

blogDSC07912.jpg

アガサ・クリスティの『杉の柩』に出てくる「棘のない薔薇」がゼフィリーヌ・ドルーアンだそうです。
棘がないのでお手入れも誘引もラクチン^^
甘さとフルーティさが混ざったような素晴らしい香りです♪

blogDSC07622.jpg

なのに。。。これもマダム・ピエール・オジェと同じく、GW後半の雨にさらされてしまいました;;



さて、梅雨入りにはまだ早いとは思いますが、雨といえば紫陽花。

柏葉アジサイ『スノーフレーク』が咲き始めました。

blogDSC07945.jpg

青アジサイ(品種名不明^^;)と白アジサイ『アナベル』も蕾が大きくなってきました。

我が家の庭の主役は薔薇からアジサイへと移りつつあります。

蚊が出てきたので、庭仕事もそろそろダンナへバトンタッチしなくちゃ。。。




別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

マダムたち

蚊の季節がやってきてしまいました。
庭はまだ私の手を必要としているのに。。。(泣)



アルファベット順にご紹介の続きです。


Madame Alfred Carriere

blogDSC07539.jpg

毎年最初に咲く、かなり大きく育つツルバラです。
我が家では上に伸ばすことができないので、かなり横に寝かせているのですが。。。
それでも写真撮影には踏み台が必要です^^;

blogDSC07527.jpg

パールホワイト~パールピンクの色味は、光の当たり具合で違って見えます。
香りも素晴らしいので、写真撮影のついでにクンクンしまくりました♪



Madame Pierre Oger

blogDSC07548.jpg

例年はルイーズ・オディールと同じタイミングで咲くのですが、
何故か今年はルイーズより1週間早く、カリエール夫人と同じ頃に咲きました。

blogDSC07620.jpg

そのため、開ききる前の一番美しい時期にGW後半の雨にさらされてしまい。。。
雨後、痛んでしまった花たちを泣く泣く切りました;;


薔薇のご紹介は残すところ2種類。。。

薔薇以外の写真も後日整理してアップしたいと思います^^/~



別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

貴婦人たち

先週末、天候が荒れる前に、開ききった薔薇たちを切ってバードバスに浮かべました。

blogDSC07916.jpg

もったいない気もしますが、これで風雨に枝を折られずに済みました^^


では、アルファベット順の続きをば。。。


Lady Emma Hamilton

blogDSC07892.jpg

横顔はこんな感じ↓です。

blogDSC07861.jpg

この薔薇、花色や形の美しさもさることながら、特筆すべきはその香り!
薔薇の香りというより、まんまフルーツの香りなんです。
ザ・ボディショップのパッションフルーツの香りにそっくり~(笑)



Louise Odier

blogDSC07793.jpg


blogDSC07792.jpg

とても丈夫なブルボンローズです^^
花の形もその香りも、まさに「これぞオールドローズ!」って感じ♪
ベンチの頭上のアーチに這わせているので、写真撮影するには踏み台が必要なのです^^;


次回はマダムたちをご紹介します^^/~



別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

赤 白 黄色

アルファベット順ご紹介の続きです。


George Best

blogDSC07846.jpg

最初の一輪が今日咲きました!
花の大きさはパティオローズほどですが、蕾がたくさんあるので、満開が楽しみです♪
名前の由来であるジョージ・ベストとは。。。
イングランドプレミアリーグのマンチェスターユナイテッドで活躍した伝説的ドリブラー。
2005年に59歳の若さで亡くなりました。

赤はマンチェスターユナイテッドのチームカラーです。
ウチのダンナは子供の頃からのマンUファンなので、この薔薇をとても大切にしています(笑)。
マンU、今期プレミアリーグも優勝目前です!
UEFAチャンピオンズリーグの決勝戦は5月27日、スペインリーグのバルセロナと対戦です。
マンチェスターユナイテッド頑張れ!!!



Glamis Castle

blogDSC07769.jpg

デイヴィッド・オースチン氏自身が「作出したバラの中で最高の白バラ」と評する薔薇。
カタログには『ミルラ香』と書かれていますが、ウチのはクチナシの花のような香りがします♪

blogDSC07768.jpg



Golden Celebration

blogDSC07848.jpg

エイブラハムダービーと同じくらい大輪のディープカップで、素晴らしいティーの香りがします♪
甘いティーの香りではなく、レモンティーのようなフルーティなティー香です。

blogDSC07734.jpg



さてこの次は。。。
いよいよレディやマダムたちの登場です。
週末は何かと忙しく、ほとんどネットしませんので、週明けにでもまたアップします^^/~



別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

夢を織る猫

アルファベット順、次はGなのですが。。。
ジョージ・ベストが明日にも咲きそうなので、ジョージを撮影してからアップします。


リビングからの庭の眺めがとても素敵な今日この頃。。。

blogDSC07823.jpg

サラ(猫)がお気に入りの場所(TVの上)に陣取って、庭を眺めていました。

blogDSC07829.jpg

まるで何かを夢想しているかのように。。。


アーチの薔薇 『Dream Weaver』 を日本語に訳すと 『夢織り人』 です。



別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

粉粧楼

アルファベット順ご紹介の続きです。


Fen Zhuang Lou (粉粧楼)

blogDSC07772.jpg


blogDSC07779.jpg

上2枚は昨日の朝の撮影です。
開き始めは真っ白、かと思いきや。。。

blogDSC07802.jpg


blogDSC07804.jpg

内側は淡いピンク色に染まっています。(今日の夕方撮影)

というか、粉粧楼は気温が高いと白が強く、気温が低いとピンク色が強く出ます。
なので秋に咲く花はほぼ全体がピンク色になります。

blogDSC07810.jpg

剪定失敗の株姿。。。
もっとコンパクトにまとめたかったのですが、切り詰める勇気が無くて。。。^^;



別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

薔薇の盛り合わせ(笑)

今日は私の父母が遊びに来て、父が庭の写真を撮影してくれました。

父は某写真クラブに所属していて、しょっちゅう展覧会に出品し、
何度も入賞し、写真集に掲載されたりもしています。
実家の壁は写真パネルだらけです(苦笑)。
今日撮影してくれた写真が今度の展覧会で入賞したら嬉しいな~♪

で、父母の接待で疲れてしまったので(苦笑)
アルファベット順に薔薇をご紹介するのはまた明日以降ってことで。。。^^;

東京は今夜雨が降るとの予報が。。。
大きく開いた薔薇たちは、雨に打たれるとその重さでうなだれて、
下手するとステムやシュートが折れてしまう恐れがあります。

帰り際、母が薔薇の花を持ち帰りたいというので、
シュート保護も兼ねて、あれやこれやと切って。。。

ウチには猫が5匹もいるので、室内に花を飾ることは控えています。
ひっくり返されるのがオチですからね~^^;
なので我が家に素敵な花器などあるはずもなく。。。

blogDSC07798.jpg

料理用のボウル(!)に少し水を入れ、切った薔薇を適当に挿して渡しました^^;

急いでいたので本当に適当に放り込んだだけなのに、母が手に持ったのを見たら、あら素敵♪
で、あわてて取り返して写真を撮りました(笑)。

きっと実家で素敵な花器に生けかえてもらえることでしょう^^



別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ドリームウィーバー

ゴールデンウィーク最後の週末から週明けにかけての薔薇たちを
アルファベット順にご紹介、と書きましたが。。。
写真の都合でデュセス・ド・ブラバンとドリームウィーバーを入れ替えました^^;

Dream Weaver

blogDSC07716.jpg



blogDSC07654.jpg



blogDSC07750.jpg



blogDSC07756.jpg


庭の入り口のアーチを飾る、我が家のシンボルローズです。
以前は地植えしていたのですが、マンションの大規模修繕工事の際に鉢上げしました。
その後鉢植えのまま育てているので、地植えのときより丈をやや切り詰めていますが、
そのおかげか、花数が減ることもなく、ちょうど顔の高さに花が咲いています^^
地植えのときはあまり香らなかったのに、何故か鉢上げしてから香るようになりました♪


続きはまた明日。。。^^/~



別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

房咲きの薔薇たち

ゴールデンウィーク最後の週末から週明けにかけての薔薇たちを
アルファベット順にご紹介しています^^


アンジェラ (Angela)

blogDSC07709.jpg

まだまだ咲き始めです。
花数では他のどの薔薇にも負けませんが、残念ながら香りはほとんどありません。



カラメラ (Caramella)

blogDSC07739.jpg

これもまだ咲き始めです。
例年より色が薄い気がしますが、この薔薇も咲き進むにつれて表情が変わるので
よく観察しようと思います。
美味しそうな名前ですが、あまり香りません^^;



デュセス・ド・ブラバン (Duchesse de Brabant)

blogDSC07749.jpg

現在7分咲きくらいかな。。。
『桜鏡』 という和名は、この清楚な美しさにピッタリだと思います。
ダージリンティーのような甘い香りがします。
枝がしなやかで広がりやすいので、毎年剪定に悩んでいたのですが、
今年は大成功!
株姿も花数も大満足です♪



別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

エイブラハム・ダービー

週末の晴天と高温のおかげで、薔薇たちが次々と咲いています♪
たくさん写真撮影しすぎて、どれをアップしようか迷いに迷ってしまい。。。
えーい、アルファベット順にアップしちゃえ! と(笑)。


Abraham Darby

blogDSC07742.jpg


blogDSC07717.jpg


blogDSC07745.jpg

この薔薇は咲き進むにつれて違った表情を見せてくれます。
香りも素晴らしいフルーツ香で、離れても香るほど強香です。
花の大きさもウチで1、2を争うほど巨大で、存在感満点。
これぞまさしく 『The English Rose』 !

ちなみに。。。
1706年、英国シュロップシャー州コールブルックデール製鉄所で
世界で最初にコークス製鉄の技術を確立したAbraham Darby氏が
名前の由来だそうです。



別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

雨に濡れた薔薇たち

この時期の雨は歓迎できません。。。><;

とは言え。。。

blogDSC07620.jpg

雨に打たれてうなだれたマダム・ピエール・オジェですが、
こんな姿も風情があって素敵です♪


メアリー・マグダレンも今朝開花しました。

blogDSC07609.jpg

これまたなんとも美しい。。。♪


そして、鉢植えの薔薇の足元には。。。

blogDSC07631.jpg

ニンニク!(笑)

実はコレ、料理に使うために買ったニンニクなんですけど、
発芽してしまったので、薔薇の鉢の中に植えました。
順調に育っているようです^^


ちなみに。。。

blogDSC07632.jpg

もうすぐ咲きそうなドリームウィーバー↑の足元にはパセリとチャイブを植えてあります^^
週末にはアーチを薔薇色に染めてくれるかな~♪



別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

5月5日の薔薇

毎朝「今日はどの薔薇が咲いたかな?」とワクワクしながら庭に出ています^^


5月5日、降雨前に撮影したルイーズ・オディール↓

blogDSC07599.jpg


同じく5月5日の降雨前に撮影したアンジェラ↓

blogDSC07602.jpg


どちらもまだ咲き始めたばかりなので、見頃はこれからです。
週末は晴れて気温も上がるとのことなので、すぐに満開になるかも?
楽しみたのしみ~♪



別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

カタツムリ

ゴールデンウィーク後半、東京では5日から雨が降り出してしまい、
降ったり止んだりを繰り返しながら今に至っています。


降雨前、5月4日のハゴロモジャスミンとヒメエニシダ↓

blogDSC07587.jpg


あとで薔薇の写真をアップしますが、その前に今朝撮影したスクープ写真をば。。。(笑)

ウチの庭には500円玉より大きいサイズのカタツムリがたくさんいて、
雨が降ると活発に動き出します。

今朝庭に出たときも、足元に気をつけて(グランドカバーのリシマキアが好物らしいので)
見つけ次第隣の空き地(草むら)に放り投げていたら。。。

blogDSC07613.jpg

この2匹↑は南側のラティスにくっついていました。
で、1匹ずつ外そうとしたら。。。

blogDSC07615.jpg

あらら、交尾中でしたか@@;
それは大変失礼しました^^;

先日、マダム・ピエール・オジェに米粒ほどの小さな小さなカタツムリが何匹もついていたのは
こういう営みがウチの庭で行われていたからなのね。。。^^;


カタツムリの大好物(?)、リシマキア・ヌンムラリア・オーレアですが、
昨年某所から分けていただいたヘビイチゴの繁殖力に脅かされつつあります。

blogDSC07628.jpg

このくらいのバランスを保てるように、ヘビイチゴのランナーは適宜間引いています。


最近、都市部の砂漠化が進んだせいで、都内の公園のカタツムリは激減してしまったそうです。
自宅の庭でこういうシーンを目撃できるのは、実はとても贅沢なのかもしれません。
とは言え。。。湿度が高すぎても困るんですけどね。。。^^;



別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

5月2日の白薔薇

グラミス・キャッスルが咲きました^^

blogDSC07562.jpg

最初の一輪なのに、陰の方であさっての方向を向いて開花しちゃいまして。。。
ベンチの陰から手を伸ばして、苦労して撮影^^;
次の花はちゃんとこっち向いて咲いてね~(笑)


マダム・アルフレッド・カリエールは、だいぶ咲き進んで。。。

blogDSC07569.jpg

ティシューをクシャクシャっと丸めたようなルーズさですが、これも魅力のひとつなのです♪
ハナミズキの後ろ側の高いところまで枝を伸ばして咲いているので、
これまた撮影には苦労しました^^;


薔薇ではありませんが。。。

blogDSC07550.jpg

宿根アネモネ・シルベストリスが可愛らしい花を。。。
って、あれ?
花びら(萼片)が6枚あるぞ。。。
一枚オマケですか?(笑)

おかしいなぁ。。。ここにはそれほど肥料をやった記憶は無いんだけどなぁ。。。

真面目な話。。。
タンポポの奇形が増えている等の話をよく聞くので、
気候はもちろん、土の汚染なども心配になりますね。




別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

5月1日の薔薇

デュセス・ド・ブラバンが咲きました♪

blogDSC07535.jpg


ゼフィリーヌ・ドゥルーアンも咲きました♪

blogDSC07543.jpg


そして、薔薇が咲き始めると必ずやってくるのが。。。

blogDSC07552.jpg

薔薇の大敵、チュウレンジバチ。
ジョージ・ベストの株に2匹もいたので、産卵の真っ最中をパチリと。
(↑の写真の中央部分に写っている、黒とオレンジ色のヤツです)
落ち着いているつもりでも、心は結構焦っていたのか、ピンボケしちゃいました^^;
もちろん写真撮影後に即効つまんで捕って、レンガで潰しました。
産卵された部分には『碧露』を吹き付けて、『キヨナール』で封鎖。
これで茎に穴を開けられることも、幼虫に葉を食い荒らされることもありません。

とは言え、知らないうちにいろんな場所に産卵されていると思うので、
気がついたら一枝丸坊主、なんてことにならないように
これからはチュウレンジバチの幼虫にも要注意ですね。



別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Caramel Cottage 便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。